入幸さん

Package
Logotype, Graphic design

works_image01

「入幸(いりこう)さん」は、「健康と幸せが美味しく入ってくる」をコンセプトに、香川県観音寺市伊吹島産のいりこ(かたくちいわし)を使った手作りの焼菓子である。生地には香川県産の全粒粉、塩を使用し、卵やバターを使わずに本来の小麦の味を楽しめることができる。製造は、観音寺市内の障がい者就労支援施設の利用者が一枚一枚手焼きで丁寧に焼き上げている。

瀬戸内海の海の幸である「いりこ」を「入幸(いりこう)」とし、地元の人たちが弘法大師を「お大師さん」と呼ぶように「さん」をつけることで親しみやすい名称とした。ロゴマークは、よく見るといりこの姿が筆画になっていたり、背景の模様の中に「入幸さん」の文字が隠れていて、見つける楽しさ、美味しさをデザインへの反映を試みた。
製品化の途上で、障がい者就労支援施設のスタッフの意見も取り入れ、利用者さんの負担にならない作業工程を考慮しつつ、イニシャルコスト低減に配慮し、A4フライヤーを折ることでパッケージとして兼用できる仕様とした。
今後は、結婚式の引出物やふるさと納税の返礼品、お中元やお歳暮の贈答用など、次のパッケージ展開を検討していく予定である。

“Iriko-san” is a handmade baked snack that is based on the concept of “deliciously providing health and happiness” and contains iriko (small dried anchovies) from Ibuki Island that is part of Kanonji, Kagawa. Since the dough is made of whole wheat flour and salt from Kagawa Prefecture without eggs or butter, it allows you to enjoy the true flavor of wheat. As part of the manufacturing process, users of an employment support facility for the disabled in Kanonji carefully bake each individual snack by hand.

works_image02
works_image03
works_image04
works_image05
works_image06
works_image07
works_image08
works_image09
works_image10

 Back