福祉事業コンサルティング Moris が始動

これまで社会福祉法人ラーフ入幸さんなどのプロジェクトのお手伝いもさせていただいた、高校の後輩でもあり、福祉経営者の毛利公一君。
毛利君は、かつて棒高跳びでオリンピックを目指していたアスリート。23歳の時に事故で頸髄(けいずい)損傷となり、眼球以外動かない身体状態となるも、不屈の精神で呼吸と首から上の動きを取り戻し、現在は8つの福祉関連事業を経営する経営者です。常に前向きで、どんな逆境も諦めずに乗り越えていこうとする姿勢には、いつも大きな刺激を受けます。

そんな彼が新しく福祉事業コンサルティング「株式会社モーリス」を立ち上げました。私たちはアートディレクションを担当し、ロゴデザイン、webサイト制作を行いました。
カンパニーブランディングとPRには、hy の山中肇さん、コピーライターの竹田芳幸さん(電通デジタル)、プレスの内海香里さん、スチール撮影には下村一喜さん(AGENTA)。
チームのメンバーそれぞれが提示する明快なアイデア、ことば、ビジュアル。とても刺激的で勉強になりました。
「できないことも、できることも、誰よりも知っている。」をスローガンに、チームで素晴らしいキービジュアルを完成することができました。

この素晴らしいチームでプロジェクトに取り組めたことにあらためて感謝しています。

福祉事業コンサルティング 株式会社モーリス
https://mori2.co.jp
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000063622.html

 Back